デリヘル・風俗用語・お茶を引く

風俗店でお茶を挽くというのは、女の子が出勤をして、その日に一人もお客さんがつかなかった状態のことを言います。元の語源といわれているのは江戸吉原で、客の取れない暇な子はお茶の葉を臼で挽き、茶粉を作らされたことといわれています。また、ソープなどでお客様にお茶を出すようなお店ですと、客が付かないとお茶の代金だけマイナスになった。という意味で「お茶を引く」と使われることもあります。最近のデリヘル店では完全歩合制のところもありますが時給制にしているお店や一日の保障があるお店も多く、まったく一人もお客が付かないからといって無収入で終わるということもなくなってきました。しかし、やはり普通に待機しているよりはお客様がついたほうが稼げるのは事実ですので、あまり好かれない言葉ともいえます。

(Visited 5 times, 1 visits today)